学生結婚した大学生NEWペット人妻 就職活動中、スーツにノーパンノーブラで来て生ハメ中出し+二連続発射 同じく就活中の旦那とセックス中に電話 中出しされる美人妻【個人撮影】ZIP付き












ごく普通の20代の主婦がご主人様の命令に服従する下僕として扱われる様子が綴られてます

私が投稿した掲示板

アプリで発信した広告

女性と言う生き物はどんなタイミングで私に反応するのか?

いつも出会いは偶然であり突発的だった

今回の女性とも例外ではなかった

「大学二年生の時に学生結婚しました」

「正直、勢いで結婚してちょっとだけ後悔してます。

愛はありますけど、それを理解するには経験がもうちょっと

必要だと改めて実感しています」

「ご主人様。私に、まだ漠然としている女としての性の快楽を

教えてもらえませんか?」

若さと勢いが人生を変えた そして20歳での結婚と言うゴール

あまりにも出来過ぎたシナリオだったのか?

「現在、就職活動中です」

「旦那も同級生なので同じく就職活動中です」

それならと私の家に彼女を呼び出した

もちろん就活中のダークスーツのままで人妻を呼び出した

そんな午後

私の目の前には午後の光を受けて

黒いスーツに身を包んだ美形の若妻が座っている
左手には愛の証であろう結婚指輪が光っている

若い女性 スーツがまだしっくり着こなせてない女性

ただ、彼女は紛れもなく他人の女 人妻である

「今日は初めてご主人様に調○してもらいます」

2.jpg

「今、大学四年生で就職活動中です」

プレゼンや社会経験が乏しい女性の純粋な話し方だった

「学生結婚して旦那がいるにも関わらず、ましてや就職活動中にも

関わらず、ご主人様の家に来てしまいました」

「いけない人妻ですね。けど、そんな自分を楽しんじゃってます」

若さがそうさせているのか?罪悪感より刹那的な快楽

女としての肉体を享受したい衝動がそこには見えた

そんな午後

「今日は、ご主人様の命令でノーパン、ノーブラで来ています」

「もちろん就職活動もノーパン、ノーブラで、やりましたが

スースーしてちょっと気持ち悪かったです」

「まずは私の裸を見てください」

私は大きく頷いた

22歳の女性が自分の意志で調○を志願している

若い性の欲求がそうさせるのか?

この人妻の笑顔は私との出会いを心の底から喜んでいる

そしてスーツを脱ぎだす若妻

白いワイシャツのボタンを開けると美乳が見えた

22歳の若い肉体 胸にも張りがある

スカートを脱ぐと綺麗に処理された陰毛が見えた

私の指示を忠実に守ってノーパン、ノーブラで来てくれた

就職活動の間も下着無しで通した

優等生の新しい下僕がそこに誕生した瞬間だった

午後

私がメールで前もって指示していたポーズをしてくれる

M字型になってマンコを開帳してくれた

3.jpg

初めてのペットにしては上出来だった

22歳の赤みを帯びたマンコがそこにあった

若妻自らがマンコを開いてくれる そこに意味がある

4.jpg

「子供もいない」「限られた男性経験」

そこから来るマンコ やはり新鮮な感じがする

「大学生だけど人妻です」

「そんな私のマンコ、気に入っていただけましたか?」

私はしっかりと頷いた

その瞬間、若妻には笑みがこぼれる

就職活動中の若妻がスーツのままマンコを開帳している

静かな午後の私の部屋で行われている不倫の醍醐味だった

「本当は私、オナニーは苦手なんですけど来る前に

ご主人様の命令でオナニーをするってことだったので

見てください」

私は感動して頷いた

若妻の決意の表明だった

そう言って彼女は持参したピンクのスティックをポケットから出した

オナニーをあまりしない彼女が希望した道具だった

スティックを膣に出し入れしていく下僕

5.jpg

膣からはピチャピチャ音

彼女からは微かに喘ぎ声が漏れ始める

そんな午後

「旦那には、こんな姿、絶対に見せられないです」

6.jpg

徐々に喘ぎ声が大きくなっていく

大学生が女に変わっていく過程だった

片手でスティックを出し入れして片手でクリトリスを触りだした

静かな部屋に響くマンコのピチャピチャ音と喘ぎ声

7.jpg

不倫は滞りなく行われている

メス犬のオナニー 

彼女の表情は恍惚としている

不倫 下僕 そんな自分を楽しんでる表情だった

「ああ、イキソウ」

身体が震えだすメスブタ

昇天

「ご主人様。実は私、お尻には自信があるので

見てもらっていいですか?」

8.jpg

意外な発言だった

私はもちろん頷いた

そして自ら四つん這いになる若妻だった

確かに美尻だった

若いせいもあるがお尻がキュっと盛り上がっている

ヤマトナデシコがそこにはいた

そして

スティックを膣に入れて四つん這いオナニーに興じる若妻

高まっていく喘ぎ声

スティックを動かす手の動きも加速されていく

9.jpg

「またイッチャイそう」

二回目の昇天

痙攣する身体 激しい動悸がこだまする

そこには普通の大学四年生が座っていた

午後

「チンチンを、しゃぶる前にヨゴシテ」

とんでもないことを言う若妻だった

私は何とか頷いた

メス犬の要求の意図をくみ取って彼女に近づいた

そして ヨゴシテいった

太ももに赤いマジックで淫乱落書きを始めた

「スケベ」

「そうです。私はスケベです」

続いて

「メス犬」

「私はご主人様のメス犬です」

そして

「エロマンコ」

「そうです。私はエロマンコです」

10.jpg

次に

「ペット」

「そうです。私はご主人様のペットです」

そこには落書きだらけになった大学生が座っていた

11.jpg

「ご主人様。こんなの書かれたら私、ムラムラしてきました」

「オチンチン、しゃぶってもいいですか?」

私は大きく頷いた

私の前に膝まづく人妻

そして希望通りにフェラチオを始めていった

午後

緩やかなストロークで根本まで舐めていく

12.jpg

徐々にスピードを上げていく

経験がないとは言え私への忠誠心がフェラチオを上手くさせる

ノーハンドフェラの唾の音が部屋に響いていく

非常に気持ちのいいフェラチオだった

13.jpg

「私はご主人様のメス犬、ペット、下僕です」

私は思わず彼女の頭をイイ子、イイ子した

笑顔になる彼女

チンポを咥えて再びしゃぶり出した

健気に私のチンポをフェラチオする大学四年生

学生結婚した若妻が私のチンポを必死に舐めてくれる

私は軽めのイラマチオをした

チンポを放すと少しむせ返る人妻

14.jpg

15.jpg

もちろん初めての経験であろう

すぐにチンポを咥えだす

優等生

再びのイラマチオ

さっき以上にむせ返る若妻

そしてフェラチオは続いていった

私のチンポは彼女の唾で既にベトベトだった

「ご主人様のチンポがしゃぶれて幸せです」

私は床に横になった

当然、メス犬は付いてきてくれる

私の左の乳首を舐めてくれるメスブタだった

16.jpg

どこまでも優等生

丁寧に舌を転がしていく

私の乳首を吸ったり舐めたりした後

「私は乳首より、おチンチンが好きです」

「しゃぶってもいいですか?」

私はOKサインを出した

そして当然のように再びフェラチオしていく下僕

寝フェラのリスタートだった

部屋には再び彼女の唾の音、チンポをしゃぶる音がこだまする

やはり気持ちいいフェラチオだった

17.jpg

「金玉袋も舐めていいですか?」

私はもちろん頷いた

私は自らの上体を後ろに反らした

眼前に迫った私の金玉袋を舐めだす若妻

18.jpg

袋を口の中で転がす 

吸盤のように吸い付いて話す

遊び心も忘れない下僕だった

午後

美味しそうに私の金玉袋を舐め続ける

あまりの上手さ真面目さに

私は再び彼女の頭をイイ子、イイ子した

そして

再び私のチンポを咥えだす

今日が初めての調○

センスのある下僕とはまさに彼女のことだった

「旦那のよりもずっと美味しいです」

熱のこもったフェラチオが永遠に続いていく

お世辞無しに理想的なフェラチオだった

「ご主人様。チンポを入れてもいいですか?」

私は大きく頷いた

人妻は自ら跨って騎乗位で挿入してきた

ほどよく濡れている彼女のマンコ

ヌルっとした感覚でチンポが挿入された

19.jpg

後ろに手をついて抜き差しが丸見えになる

私のメールでの指示を完璧に理解している

そして

自ら腰を動かし始める若妻

22歳の大学生のマンコだった

締まり 色 感覚 どれをとっても新鮮なマンコ

そんな午後

若妻の喘ぎ声が高まっていく

私とのセックスを待ち望んでいたメス犬

表情は満足そのものだった

そんな彼女に私は携帯電話を渡した

「まさか、旦那にかけるんですか?」

さすがに驚く大学生だった

私は大きく頷いて肯定した

優等生は素直に従って旦那に電話をかけ始めた

「もしもし。今日、何時に帰ってくる?」

20.jpg

私は人妻のクリトリスを弄り始めた

そして下から激しく突き上げた

さすがに喘ぎ声が漏れる人妻

「ううん、なんでもないよ。ちょっと今、滑っちゃっただけ。

びっくりした。」

21.jpg

必死に、そして上手に誤魔化す若妻だった

私のチンポはしっかりと大学生のマンコに挿入されている

受話器の向こうには愛する旦那がいる

「貴方は就職活動、上手くいってる?」

学生同士の夫婦の日常会話だった

私は再び下から激しくピストンした

当然、漏れる喘ぎ声

「ううん。なんでもないよ。大丈夫」

「私の方は、何とか上手くいってるよ」

スローでピストンしていった

「お互いに希望のところに入れるといいね」

私は再びピストンした

「ううん。本当に何でもないの。うん。大丈夫。ごめんね」

取り繕う若妻

淫乱落書きされた身体にチンポが刺さっていく

「これだけは言いたかったの。貴方、愛してるよ」

その瞬間に私は下から激しくピストンした

なんとか電話を切る人妻

「ご主人様の意地悪。バレちゃいますよ」

私はピストンを再開した

22.jpg

遠慮なく絶叫していく大学生

軽く昇天

「ご主人様。今度は後ろからバックで入れてください」

私は頷いて

彼女を立たせた

若妻の要求は立ちバック

そんな午後

美尻を目の前にして立ちバックで挿入していった

騎乗位とは違う感覚がチンポに走る

スローでピストン

しばらくして彼女の片足を上げた

片足上げバックでマンコの奥までピストンしていく

膣の子宮の壁にチンポが届いているのが分かる

23.jpg

徐々に私はピストンスピードを加速していった

喘ぎ声はそれに比例して高まる

昇天

そのまま床に崩れ落ちる若妻

そして正常位で再び挿入 セックスの再開だった

濡れ切ったマンコ スムーズにチンポが入っていく

24.jpg

人妻の絶叫もさらに高まっていく

私は容赦なくチンポをマンコに挿入していった

25.jpg

断続的に、こだまする若妻の喘ぎ声

「ご主人様。子供が出来ても構いません。

中に出してもらってもいいですか?」

私は最後のピストンを開始した

膣内射精

要求通りに膣内に精子を発射した

流れ込んでいく精子の感覚

チンポをマンコから引き抜く

マンコから垂れ落ちる精子がはっきりと確認できた

26.jpg

グッタリしている若妻が言葉を発した

「ご主人様。ご主人様なら、もう一回出してくれますよね」

驚愕の言葉だった

私は力を振り絞った

初めての調○の最後 全てが決まる

再び彼女のマンコに正常位で挿入した

ハードピストン

腰が壊れるくらいに突いた

27.jpg

「今度は私の陰毛に出してください」

そして陰毛発射

中出しの精子 陰毛についた精子

28.jpg

文字通りの二連続発射だった

「未熟者の私ですけど、これからもよろしくお願いします」

私が頷いて今日の調○が終わった

29.jpg

そんな午後

普通の主婦を平日の午後に自分のものにしていく様子

私の命令に従ってペットと化す様子をおさめています

ZIPが付きます

動画サイズ:1920×1080

時間:35分00秒

販売作品の一覧はこちらです
【人妻略奪NTRの販売ページ】

ブログもこちらからご覧いただけます
【人妻略奪NTRブログ】

PR動画はこちらからご覧いただけます
【人妻略奪NTR PR動画.zip】

ロックされています

入会のご案内

https://uratv.net/register

This content is locked

Please check https://uratv.net/register to join the member

Login To Unlock The Content!

You might be interested in

Translate »