昨日結婚した20歳の地下アイドルNEWペット 初撮りドキュメンタリー 「私、昨日って初夜だったんですよね」 生挿入中にケンダマ+旦那に電話+大量中出し「私、幸せです」【個人撮影】ZIP付き












夜中の2時に彼女からメールがきた

「私、昨日結婚しました。衝動が抑えられないです」

「明日会ってもらえませんか?そして調〇してもらえませんか?」

「まだ20歳です。結婚は私にとっては憧れ。性は現実的な憧れです」

若干二十歳にしてはしっかりした文面だった

若いせいか時間に焦っている

そんな印象を受けた

「普段は地下アイドルやってます。それなりに充実した生活です」

「セックスに関しては飢えてます。とにかく乾いている心があることを自覚してます」

「旦那以外の年上の男性を希望します」

私は即答した そしてその日の昼間に会うことにした

「おやすみ」

数時間後に会うであろうメス犬にそんなメールをした

そして数時間後のラブホテル

ドアがノックされて彼女が入ってきた

「失礼します」

声の響きもまだ若干20 可愛い声だった

ピンクのシャツに黒と白のスカート

1.jpg

「初めまして。今日、初めての調〇に来ました」

「昨日、結婚したばかりなんですけど、凄く楽しみです」

世間からすればとんでもないこと

それを平然と言ってのける 若さのせいか?

嬉しさと緊張とが垣間見える

「職業なんですけど、所謂、地下アイドル活動をしています」

「お客さんの前でダンスしたり、歌を歌ったりしています」

「年齢は20です。結婚は早いかなって思ったんですけどファンの人に

凄いアプローチをされて勢いで結婚しちゃいました」

「夫婦の仲は非常にいいです。ただ、やっぱりもうちょっと遊びたいなって気持ちが

自分の中にあって今日、調〇されに来ました」

2.jpg

自分の意見を持っている下僕

年齢、自分の立場をわきまえた上での不倫活動

全てを理解している様子だった

彼女の左手にしっかりと指輪が光っている

間違いなく主婦だった

午後

「ご主人様、私が一番、最初にやらなければいけないこと。それはメールで

しっかりと確認しました。脱げばいいんですよね」

私はしっかりと頷いた

優等生

そして脱衣

白にリボンがついたブラジャー

若い主婦らしい下着だった

3.jpg

お揃いのパンツ

「旦那はこの下着、ちょっと子供っぽいって言うんですけど

ご主人様はどう思いますか?」

私は即座にGOODサインを出した

素直に喜ぶメス犬だった

美乳

適度に処理された陰毛

そして全裸になった

「やっぱり、ちょっと恥ずかしいです。いきなりこんな恰好するなんて」

そう言いながら自ら床に座る

そしてM字開脚になる

4.jpg

優等生

「やっぱりまだ、子供なのかなって思っちゃうんですけど」

今度は自らマンコを開く

言うことのない20歳だった

私は彼女のマンコに接近した

まだ子供のいない若いマンコだった

「私のオマンコどうですか?」

私は即座にGOODサインを出した

張り合いのある調○だった

彼女の方から向かってきてくれる

私は素直に嬉しかった

私はピンクスティックを彼女の口に入れた

5.jpg

すぐに舐めだすメス犬

仮想フェラチオ

唾の音がする

厭らしいアイドルの仮想フェラチオ

さらにスティックビンタ

吐息が出始めるメス犬

「旦那のチンポじゃなくて、ご主人様のチンポ想像しちゃいます」

舌でスティックをレロレロする下僕

乳首を叩いていった

6.jpg

感じるアイドル

「そこをもっとイジメてください」

私はスティックを乳首に押し付けていった

「自分でもそこ、触っちゃうんです」

「でも、こんな風にされたの初めてです」

悶える地下アイドル

私は指で彼女の乳首を弄っていった

7.jpg

さらに感じるメス犬

乳房を揉む

そしてスティックをマンコに挿入していく

嬌声が漏れる

8.jpg

どこまでもMなアイドルだった

午後

「やだ。もうグチョグチョになってるのバレちゃいましたね」

彼女のマンコからはクチュクチュ音が聞こえる

9.jpg

濡れやすい人妻だった

私はスティックを膣に出し入れしていった

「私は、ご主人様のメス犬、ペットです。もっと滅茶苦茶にイジメてください」

私は徐々にスティックのスピードを高めていった

悶える若妻

絶叫

10.jpg

当然の昇天

激しい息遣い

部屋の空気が一気に薄くなる そして熱気

そんな彼女に私は替え歌リストを渡した

「これは何ですか?あの、これ歌うんですか?」

さすがに驚く人妻

「あの私、一応地下アイドルなんですけど」

私は彼女を促した

「分かりました。やります」

優等生

スティックを私は足でマンコに押し付けていく

そんな中の「大きなチンポの木の下で」

熱唱

11.jpg

恥ずかしさと気持良さが相容れる

さらに

「チンポ、コロコロどんぐり子」

再びの熱唱

乳首を弄っていく 声が途切れる

エロ替え歌の調〇が続いていく

歌っていく彼女のマンコにスティックを出し入れしていく

12.jpg

再びクチュクチュ音が聞こえる

13.jpg

声にならない人妻

絶叫

再びの昇天

14.jpg

「ご主人様、初日からこんなこと、させるなんて意地悪なんですね」

「私、攻められるのも好きなんですけど舐められるのも大好きなんです」

「だから、舐めていただけませんか?」

私は即座に頷いた

人妻からクンニを求めてきた

20歳の地下アイドルが求めてきた

私はカメラを彼女に持たせた

そしてマンコを舐めた

15.jpg

私の唾の音が室内に響く

負けないくらいの彼女の喘ぎ声が響く

厭らしい音だった

絶叫

昇天

16.jpg

部屋の熱気が異常に上がった

彼女のマンコは私の唾と自分の愛液で濡れ濡れだった

午後

「ご主人様、私、もう凄いムラムラしてきました。ご主人様のチンポ

舐めさせてください」

17.jpg

私は当然、頷いた

そして私は床に横になった 付いてきてくれる人妻

「ご主人様、乳首も勃起しているんですね」

余裕のある若妻

私の乳首を舐めてくれる

心地いい

舌を大きく出してゆっくりと舐めてくれる

18.jpg

慌てない舐め方が気持ちいい

「凄く嬉しいです。気持ちよくなってもらえて」

そしてフェラチオ

「いっぱい舐めちゃいますね。ご主人様のチンポ」

優等生

亀頭

19.jpg

竿

舐める音が聞こえる

フェラチオの音

「旦那とセックスする時、フェラチオなんかしないですよ」

「でも、ご主人様のチンポ凄く美味しいです」

舐め続ける人妻

ノーハンドフェラチオ

自ら喉の奥までチンポを差し込んでくれる

20.jpg

理想的な下僕だった

私は突然、チンポを喉奥に押しつけた

グリグリとチンポに押し付ける

イラマチオ

手を放すとむせ返る人妻

さらに連続イラマチオ

さっき以上にむせ返る人妻

21.jpg

22.jpg

三連続イラマチオ

「私、こういうの大好きなんです」

それを聞いた私は身体を後ろに反らした

金玉袋を舐めてくれる

心地いい

舌をゆっくりと袋に這わせる

23.jpg

「昨日結婚した女が旦那以外の金玉袋舐めるなんて、いけないですよね」

さらに金玉袋フェラチオ

ラブホテルの空間に彼女の舌使いの音がこだまする

午後

犬のように、しゃぶり続けるメス犬だった

セルフイラマチオ

さらに唾液をチンポに垂らすアイドル

24.jpg

そして手コキ

クチュクチュ音が聞こえる

厭らしい

「私、本当に犬みたいに涎が出るんです」

そう言ってさらに涎を垂らしていく若妻だった

25.jpg

トロンとした目が恍惚

「ご主人様、私、もう我慢できなくなっちゃいました。今すぐ

チンポ入れてもいいですか?」

私はもちろん頷いた

そして騎乗位生挿入

ヌルっとした感覚がチンポをおそう

セックスの開始だった

ゆっくりと腰を動かしていく若妻

「今、思い出したんですけど、私昨日って初夜だったんですよね」

「そんな私のマンコ、どう思いますか?」

26.jpg

私は迷わずにGOODサインを出した

スローストローク

マンコにチンポが入っていく

心地いい

感じている彼女に私はケンダマを渡した

「え?今、するんですか?」

私は大きく頷いた

さすがに驚く人妻

そして騎乗位でケンダマをする若妻

27.jpg

凄い調〇 凄い光景だった

当然、上手く玉が入らない それが厭らしい

私のチンポはしっかりと彼女のマンコに挿入されている

喘ぎ声とケンダマの音がラブホテルにこだまする

私は徐々に下から激しく突き上げていった

28.jpg

ケンダマどころではない若妻

絶叫

大絶叫

昇天

動悸が激しく乱れるアイドル

「こんなに激しくされたらケンダマなんか出来ないですよ。ご主人様の

意地悪」

29.jpg

表情は満足気だった

そんな彼女に私はさらに携帯電話を渡した

「え?これ、旦那に電話かけるんですか?」

勘のいい人妻だった

「ご主人様、本当に意地悪なんですね」

そして旦那に電話する若妻

「もしもし貴方?いや、急ぎの用時とかじゃないんだけど」

私は彼女のクリトリスを弄っていった

漏れそうになる喘ぎ声を必死に我慢する人妻

「今、電話大丈夫だった?いや。今日帰りとか何時になるのかなって?」

そこには夫婦間の日常会話があった

30.jpg

私は彼女の太腿を叩いていった

当然漏れる打撃音

「いや、何でもないよ。ちょっと転んじゃっただけ」

うまく誤魔化すスマートな若妻だった

「え?息が荒いって?さっきちょっと早歩きしちゃって。そう信号変わりそうだったから」

どこまでも優等生

31.jpg

「そう言えば昨日、区役所に出した婚姻届け、もうあれで終わりなのかな?」

昨日結婚した夫婦の会話が続いていく

私はさらに下から突き上げていった

当然、漏れる喘ぎ声

「ううん。大丈夫、大丈夫。何でもないよ。うん。今日、私なるべく早く

帰るから貴方もなるべく早く帰って来てね。じゃあ」

ようやく電話を切る人妻だった

私は間髪入れずに下からピストンしていった

激しく 荒く

32.jpg

床に身体がぶつかる音がする

ピストン

「ご主人様、妊娠しても構わないので身体の奥に出してください」

「妊娠しても私、責任取りますから」

叫んだアイドル

大絶叫

膣内射精

ドクドクと精子が流れ込んでいく感覚

チンポをマンコから引き抜く

垂れ落ちる精子

33.jpg

「いっぱい出ちゃいましたね」

自ら出された精子を手に取る地下アイドル

「私、幸せです」

34.jpg

35.jpg

そこに居たのはやはり20歳の若妻だった

そんな午後

普通の主婦を平日の午後に自分のものにしていく様子

私の命令に従ってペットと化す様子をおさめています

高画質ZIPでもごらんいただけます

動画サイズ:1920×1080

時間:35分14秒

販売作品の一覧はこちらです
【人妻略奪NTRの販売ページ】

ブログもこちらからご覧いただけます
【人妻略奪NTRブログ】

PR動画はこちらからご覧いただけます
【人妻略奪NTR PR動画.zip】

ロックされています

入会のご案内

https://uratv.net/register

This content is locked

Please check https://uratv.net/register to join the member

Login To Unlock The Content!

You might be interested in

Translate »