現役国語教師のメスペット人妻 部活中に来てスーツのまま背面座位で生セックス 子供に電話しながらイラマチオと騎乗位で昇天 「ご主人様の赤ちゃん欲しい」絶叫する人妻先生【個人撮影】ZIP付











商品の紹介

ごく普通の40代の主婦がご主人様の命令に服従する下僕として扱われる様子が綴られてます

連絡は夜分に来た

「中○校で国語の教師をしています」

「子供も旦那もいる40代の主婦です」

「子供もある程度、手のかからない年齢になってきました」

「旦那も教師なので職場結婚でした」

「正直、学生時代からあまり恋愛経験もなしで結婚してしまいました」

「文学が好きだったせいもあって今でも官能小説や妄想的な趣味は存在します」

「貴方の趣旨に共感しました。下僕と言う言葉は正直あまり好きではありません」

「奉仕すること私の持ってる女の性を前に出すことでほとんど経験のない

セックスのレベル、女としての快楽のレベルを上げていきたいです」

掲示板での応対だった

さすが現役の国語教師らしく非常に語彙の豊かな人妻

それが第一印象だった

そして午後

左手にはシルバーの指輪

教師らしい上下スーツ姿 落ち着いた物腰と

経験からくるのか?ある程度の余裕感 大人の女性の匂いがする

1.jpg

「普段は朝9時から大体、15時半か16時くらいまで授業で

そこから部活が始まります」

「部活は書道部を担当しています。生徒達に文字の由来や習わしとか

古くからあるものを教えるのがすごい好きなんですけど

そういうことを教えながら時々、厭らしい妄想をしてしまうんですよね」

「娘には普段から真面目に、間違ったことはしちゃいけないと教えてるんですけど

でも、ねえ。母親の私がこんなんですから迷いながらも今日はご主人様の調○を

していただきたくて思い切って来ちゃいました。」

教師らしい毅然とした物言いだった

人前で話すことに慣れている人、独特の演説感のする話し方 

午後

私は彼女に指示書を渡した

「スーツを着たままフェラと騎乗位を繰り返す」

2.jpg

読んだ後に少し俯きながら語りだした

「私はとても厭らしい女です。いきなりフェラと騎乗位よりも

もっと、いっぱい気持ちよくなってから、ご主人様の上に乗りたいです」

3.jpg

「現役の教師がこんなこと言ったら引いちゃいましたか?」

私はかぶりを振って否定した

硬く握った左手にはシルバーの結婚指輪が光っている

「ご主人様に以前からお願いしていたもの。今日は持ってきてくれましたか?」

私は頷いた

「持ってきてくれたんですね」

笑みがこぼれる先生

私は用意してきたものを彼女に渡した

彼女が希望したものはポータブルの電マ

「少し形は違うけど普段、私が使っているものと形状は似てますね」

「いつもは一人でやることですけど今日はご主人様の前で

この電マを使ってオナニーしている姿を見てもらえますか?」

私は大きく頷いた

「すごい、これいっぱいレベルが選べるんですね」

電マのスイッチを入れる人妻

そしてシャツの上からそれを当てていく

そんな午後

「すごい」

教鞭を取っている先生から淫乱な人妻に変わる瞬間だった

自らシャツのボタンを外す先生

「すごい振動ですね」

青いブラジャーがシャツの間から見えた

ブラジャーの周りを電マでなぞっていく人妻

4.jpg

時々ビクンと痙攣する身体

ストッキング越しに足にも電マを当てていく

「いつもは一人でしているんですけど、ご主人様に見られていると

やっぱりなんか、違いますね。なんかいつもより感じてる気がします」

ブラをずらして自ら乳房を露わにする人妻

5.jpg

そしてストッキングを脱いでいく

「すごい、もうドキドキしています」

胸に電マを直接当てていく

「ねえ、ご主人様、どうしてドキドキしているか?わかりますか?」

「もし娘が私がこんなことしていることを、もし知ったらどんな風に

ショックなのかな?とか。もしかしたら娘も使ってみたいとか?思うのかな?とか

まだ、あんなに小さいけど。って言う、そんなちょっと危ないこと考えちゃって

いけない母親だなと思うんですけど」

そう言って自ら乳首をつまんで胸に電マを押し当てていく人妻

そして乳首の周りを電マで撫でていく

徐々に高まる喘ぎ声

「下にいってもいいですか?」

私は頷いた

ブラとお揃いの青のパンツの上からクリトリスを刺激していく

6.jpg

静かな部屋に響く先生の嬌声

「すごい気持ちいい」

大きく足を開いて感じていく人妻

「ご主人様、ちゃんと見えてますか?」

私はやはり頷いた

「すごい電マの振動が。クリトリスが気持ちいい」

私はなにも言ってないのに自らパンツを脱いでいく先生

「直接当てちゃいますね」

さらに高くなる喘ぎ声

ピンポイントでクリトリスに電マを当てていく先生

「オマンコに毛がないから、とってもよく見えるんじゃないですか?」

7.jpg

現役の国語教師が言ったセリフだと思うと異常に興奮する

オマンコからはピチャピチャと音がしている

「すごい厭らしい音しています」

電マを割れ目に擦っていく 相当の慣れ感がある 大人のオナニーだ

「ダメ、すぐにイッチャイそう」

激しくなる喘ぎ声と痙攣

「ああ、ご主人様、イッチャウ、イッチャウ」

8.jpg

両足がピンと伸びていく

昇天

「ご主人様、イッチャッタ」

激しい息遣いが止まらない人妻

「イッタばかりの厭らしいオマンコ見てもらえますか?」

要求してきた 先生のマンコはかなり湿っているのがわかる

顔からわずか数ミリの距離に人妻のオマンコを見ている

「やっぱり電マってすぐにイッチャイますね」

電マの音が消えて彼女の息遣いだけが響く室内

そんな午後

「そんなに近くでオマンコ見られたら興奮しちゃいました」

「おチンチンしゃぶってもいいですか?」

私は頷いた

国語の先生が自らフェラチオを求めてきた 普段教鞭をとっている教師が

旦那以外の男のチンポを求めてきた

普段の仕事着のまま胸とマンコを丸出しにした40代の国語教師が

そのスーツ姿で私のチンポにしゃぶりついてきた

9.jpg

必死に亀頭から竿を舐め尽くす

私は不意に頭を押さえ付けた

衝動的というか動物的に抑えつけた

イラマチオ

しばらく押さえ付けた頭を離すと

激しくむせ返る先生

10.jpg

11.jpg

「いきなり」

そう言いながら

息が乱れながらも再びチンポを舐めだす人妻

舌を口の中で多めに動かすフェラチオ

非常に気持ちがいい

「美味しい」「ご主人様のおチンチン本当に美味しい」

12.jpg

ときおり感想を言いながら亀頭をペロペロしてくれる

先生がスーツで

再び私は動物的に彼女の頭を押さえ付けた

再度のイラマチオ

13.jpg

14.jpg

さっき以上にむせ返る先生

めげずにそれでも私のチンポを咥えだした

自覚してる以上に先生は厭らしい メス犬 メスブタ ペット

そのものだった

そんな午後

もう一度イラマチオした

彼女の厭らしいフェラチオがそうさせた

これまで以上に頭を押さえ付けてチンポをねじ込んだ

喉がこわれるくらいにむせ返る人妻

「すごい。喉の奥まで入った」「ご主人様のおチンチン奥まで入った」

そして しゃぶる フェラチオを再開する

15.jpg

いつの間にか自ら喉奥まで私のチンポをねじ込んでいる

調○とはそういうものだ

教え込むと言うより慣れさせる作業

着実に成果をあげつつある

フェラチオの唾の音が室内に響き渡っている

それにしても気持ちのいいフェラチオ

「ご主人様、奥までしゃぶらせるの好きなんですか?」

私は教師の頭を押さえ付けた

さっき以上の力で

離した瞬間に彼女の唾が床に飛び散る

「好きなんですね」

自分自身に納得させるようにそう言うと

やはり舐めだした再び

そして自ら喉の奥までチンポを飲み込む教師

16.jpg

ここまでチンポを堪能されると恥ずかしいくらいに嬉しい

普段お堅い職業の40代の女性がやっている

そんなフェラチオと言う作業に

「もう我慢できない。ご主人様、おチンチンください」

私はソファに座った そして彼女を上に座らせた

背面騎乗位 挿入

「すごい入っていく」

17.jpg

濡れているマンコがよくわかる ヌルっとした挿入だった

すごい恰好だ

スーツが乱れた恰好で自ら腰を動かしていく教師

「ご主人様のおチンチン、奥まで入ってます」

18.jpg

「これ気持ちいい」

私とのセックスを楽しむ様子が心地いい

彼女の少し高めのソプラノ声が室内に響いている

形のいい乳房を揺らしながら悶える先生

「気持ちいい」「すごい気持ちいいよ」

「イッタばっかりだから、なんかすごい変な感じ」

「このままだとまた、すぐにイッチャイそう」

「奥がキュンキュンするの。ねえ。気持ちいい」

「ダメ、イッチャイそう」「奥がすごい」

「ご主人様、イってもいい?」「イッチャウ、ああ」

昇天

その瞬間に彼女の身体を後ろに反らした

イッタ後の激しい動悸のまま

私は下から激しくピストンを開始した

細身で小柄な体が宙に浮く

そのまま再び昇天

激しく息が乱れる教師

表情は恍惚とした表情 マンコもかなりの愛液が漏れている

私は彼女に携帯電話を渡した

「え、今?今?」「ああん。動かないで、動かないで」

さすがに驚く先生

「あ。真理ちゃん。ママ、今日ちょっとね遅くなるかも知れない」

19.jpg

「うん。そうそう。パパも今日遅いから。ちょっとね今日、部活のお手伝い」

背面騎乗位 一番チンポが奥深く入る体位 

気持ちいいのか?必死に喘ぎ声を堪えながらの娘との電話

「あの、ママいつも部活違うじゃない」

20.jpg

激しく下から突き上げた 身体も揺れて 喘ぎ声も相当出る

「うん、今日は運動部の手伝い。運動部の手伝いしてて今、その最中だから」

「ママももう歳だから、すぐに息があがっちゃうのよ」

再び激しく下から突き上げていった

感じまくる そして喘ぎ声も漏れる室内 必死にこらえる人妻

「あれあれ。お夕飯。冷蔵庫に入ってるから。タッパに入ってるやつ食べて」

「そうそう。温めるくらいできるでしょう」

「ねえ。好きなだけ食べていいから。多めに作っといたから」

再び下から激しく突き上げた

必死に喘ぎ声を我慢する人妻

「あ、なんでもない。なんでもない。パパよりは早く帰るから」

娘さんにうまく誤魔化す言い訳が先生っぽい

「うん。とりあえず、じゃあ電話切るよ。また連絡するから。じゃあね。バイバイ」

電話を切る先生

私は渾身の力を込めて下からピストンを加えた

「ご主人様、ダメ、もう、イク」

21.jpg

昇天

チンポの入ったマンコの内側から痙攣する人妻の身体だった

私は立ち上がって一旦、チンポを引き抜いた

そして

彼女のマンコ汁がたっぷりついたチンポを再びしゃぶらせた

必死にフェラチオする先生

「私のオマンコの味がします」

22.jpg

しゃぶり続ける先生 気合いの入ったフェラチオ

「ただ、そういう風に言わせたかったんでしょう?」

23.jpg

「ご主人様の意地悪」

ちょっとひがんだような言い方だった

そして先ほど覚えた自ら喉奥までするフェラチオ

竿を舐め尽くす

「すごい不思議な味」

「ご主人様、もう一度チンポを入れてもいいでしょうか?」

私はもちろん頷いた

床に寝た私の上に跨ってくる先生

自らのマンコにチンポを挿入

そして自ら腰を振り続ける先生だった

さすがに飲み込みが早い

私のチンポを味わうように深く挿入していく先生

徐々にピストンのスピードが増していく

「すごい気持ちいい。何度もイッテルからすごい敏感になってます」

24.jpg

25.jpg

「もうまた、イッチャウ」「すぐイッチャウ」

「ご主人様、イッチャウ」「オマンコ、イッチャウ」

昇天

激しい彼女の息遣いと深く突きささったチンポ

動きが止まった彼女の身体を下から激しく突き上げた

26.jpg

最後のピストン 最後は私が突き上げた 

「ああん、動いちゃダメ」「動いちゃダメ。またイッチャウ」

「ご主人様、気持ちいいよ。すごい気持ちいいです。」

「精子ちょうだい。いっぱい出してください」

「奥にいっぱい出して」

「ご主人様の赤ちゃん欲しい。お願い」

膣内射精

震える人妻のマンコからチンポを引き抜くと

垂れ落ちる精子

27.jpg

床にまでベットリと流れ落ちる精子

そんな午後

普通の主婦を平日の午後に自分のものにしていく様子

私の命令に従ってペットと化す様子をおさめています

ZIPが付きます

動画サイズ:1920×1080

時間 27分27秒

販売作品の一覧はこちらです
【人妻略奪NTRの販売ページ】

ブログもこちらからご覧いただけます
【人妻略奪NTRブログ】

PR動画はこちらからご覧いただけます
【人妻略奪NTR PR動画.zip】


価格:980pt

ロックされています

入会のご案内

https://uratv.net/register

This content is locked

Please check https://uratv.net/register to join the member

Login To Unlock The Content!

You might be interested in

Translate »